読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

不寛容な社会にしたのは、他ならぬ君らリベラルだよ。

blogos.com

弱者への不寛容さが目立ちますよね。「弱者であることを笠に着て不当な利益を得る人間がいるのではないか」という情報が、とくにネットでは流通しやすい。

津田が面白い事を言っています。悪い意味で、ですが。
世の中の、少なくとも私や私と近しい考えを持つ人が、リベラルから見て不寛容に見えるのは、君らのせいでしかないんですよ。

リベラルは嘘つきの別称であるということ

福島原発事故の時のデマ
www.gepr.org
朝日新聞の吉田調書・吉田証言の2大誤報
www.sankei.com
そして、他ならぬ津田自身もデマに加担して、かつてはこのように発言しているんですよね
togetter.com

他にも、なんの為に?と言いたくなるほどに露骨な嘘は幾らでもある、オスプレイの高周波がペースメーカーに支障をきたす(共産党の吉良よし子参議院議員、「オスプレイがペースメーカーに不調をきたす」とデマを飛ばす(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース)なんてひどい物もある。津田を含む、リベラルを自称する連中は、こうして何度も何度も懲りることなく、嘘を塗り重ねて、運動を大きくしようとしてきました。

政権を獲るために民主党がついた嘘を覚えてますよね?埋蔵金って言葉を忘れてしまった人なんて居ないのではないでしょうか。
diamond.jp

リベラルとは、反社会運動・暴力の別称である事

しばき隊は特にひどい。記憶に新しい所で言えば、ぱよちんが個人情報を流布した事は記憶に新しいし、新潟新聞の坂本の事件は更に酷かったし、リンチ事件に至っては言葉がありませんね。
ironna.jp
ironna.jp
togetter.com


政党ですら、新安保法案を戦争法案と呼びバカ騒ぎをし続けていた事を忘れていません。今も、辺野古の基地関連では、基地に反対する連中が犯罪行為を犯し続けています。これではただの反社会活動でしかありません。
toulezure.hatenablog.jp

リベラルとは、暴言・差別の別称である事

これも、さきほどのしばき隊のツイートなど、例を挙げればきりがない位あるけれど、典型的な例である今日の記事を一つ上げましょうか。
www.from-estonia-with-love.net

キモウヨホテルもこのままどうぞ好きな本を置き続ければいいと思いますよ。

なんとまぁ、不寛容な言葉ではありませんか。何かの主張をするときに、人の心に言葉を届けたいと思った時に出てくる言葉がこれです。リベラルを自称する連中は、ずっとこうなんですよね。これを毎日のように見せられている社会の目がどうなるか?考えないのでしょうか。

虚言壁があり、暴力をふるい、犯罪を犯し、差別を行う、それがリベラル

彼らの行動は、我々普通の、論理的に物事を考える力をもっている日本人に、こいつらはおかしいという警戒感と、彼らの好きなようにさせれば我々の社会は壊されるという思いを持たせるのに十分なのです。その癖に、平等を謳い、平和を謳い、寛容な社会を求める。その言葉が額面通りに受け止められるはずがないんですよ。彼らの大好きな慰安婦問題も、彼らの話なんかよりも、米政府による調査結果の方を、まずは信じる。彼らのいう事には嘘が入っているだろうと考えさせる、そうなってしまったのは朝日新聞や旧社会党の存在があってこそだという事を少しは考えてみたらいいと思うんですがね。

弱者への不寛容さが目立ちますよね。「弱者であることを笠に着て不当な利益を得る人間がいるのではないか」という情報が、とくにネットでは流通しやすい。

津田は、まず自らの言葉と行動に誠実であってほしい。この言葉には、自分がデマを利用した事を恥じた形跡がありません。
世の中がもつ、この不信は津田の言葉が届く範囲を著しく狭める事でしょう。不寛容だと感じるのだとすれば、それは君が不誠実であり続けているからでしかない。そういう事ですよ。
嘘をつき、暴力をふるい、人々をだまし、言葉や力で暴力をふるったのは個人ではない。政党であり、新聞社であり、テレビ局であり、政治団体なのです。
我々、市井の日本人には、リベラルを信じる所から始める理由は一つとしてないことを自覚してみたらどうでしょうか?