読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

殴りながら金を無心する乞食に誰が恵むんだろう?

「極貧の状態にある人を国が救うべきか?」という質問に対して「反対」と回答した人の割合は○○%
http://b.hatena.ne.jp/entry/kaigolab.com/column/16937

という記事とブコメを読んだ感想を書きたい。

日本の場合は、38%の人が、これに反対と答えています(ほぼ反対=31%、強く反対=7%)。調査対象となった47カ国のうち、これが最も厳しい数字になります。日本が、不名誉な1位ということです。

記事では、引用部分の様に日本人の解答を提示し

和をもって尊しとなす日本の姿は、もはや幻想

と冷たい国民性である事を主張し

年収1,000万円に満たない人には、セーフティーネットが必要になる可能性は低くない

と、明日は我が身ではないのか、と訴え

アメリカの場合は、宗教団体やNPO社会福祉を担うという合意(=チャリタブル・チョイス)がなされている

それに引き換え他国民の心は豊かである、というような毎度の三点セットを主張していますね。
まぁ毎度のことですが、呆れるものは呆れます。

Country: Japan
Sample design: Probability
Mode: Face-to-face adults 18 plus
Languages: Japanese
Fieldwork dates: April 6 - May 23, 2007
Sample size: 762
Margin of Error: 4%
Representative: Adult population

サンプルは、こんな感じです。
この統計資料の数字の性格が分からないですし、762名の18歳以上の日本語話者に対する対面インタビューによる解答としか読み取れる情報はありません。
ですから、十分に性格のいい偏りのないサンプルになっているかは分からないと言っていいでしょう。このアンケートを請け負った国内の団体が、高校生の30%が売春をしていると答えた某弁護士の様な人間で構成されていたしたら、という疑問を拭える情報はPDFにはないので、自分たちの活動に使うために我田引水の調査結果を出したのかも?という程度の疑義は、胸の内に持っていても損はないと考えます。

ksaitou 低すぎ、80%を超えているかと思った。それくらい今の日本は他人にかまう余裕がなくなっている。

nao0990 今の日本で同じ調査をしたら5割超えるんじゃないか

この手の”リベラルな日本人”を釣るのが目的なんでしょうから、それは果たせている。昨日も書きましたが、国民にバカが増えて喜ぶのはやはりリベラル層です。



さて、ここから本題です。
私も理想のみで語ればいいならば、貧困者や障碍者、病人に至るまで、救う事が出来る人間を救うべきかどうか?と聞かれれば、もちろん救えるのなら救うべきだと言うでしょう。それどころか、国民全員が働かなくても毎年500万円づつ貰えて、医療費も教育費も完全に無料で税金もないと理想ですね。まさに夢の様な話です(笑)誰だって理想だけを口にすればいいのであれば、全ての国民に豊かな生活が送れる様にしたいのは間違いない。そこは理想ですから、そういう国を目指さなくてはならないと考える人が居てもいいでしょう。そういう国家を作りたいかどうかは個人の考えです。
ですが日本の現実は違います。
日本は60兆円の歳入に国債30兆を発行する事で、辛うじて40兆円の医療費を支えている状況で、ここから更に手厚い福祉を行う為には原資がない事は理性的な国民には分かっているんです。それが38%という数字に表れたのだと思いますし、

ksaitou 低すぎ、80%を超えているかと思った。それくらい今の日本は他人にかまう余裕がなくなっている。

それこそ80%の国民が分かっているということです。



貧困者や病人はすべて救えと唱える人間に限って、原資となる予算の話をしない事が疑問です。
その上に

rmntc55211 これ確か相当昔から同じような回答だった気がする。昔から不親切なんだよ日本人は

と日本人を叩く行動を必ずワンセットにしてきますから、聞いてる方としては「またバカがほざいてるわ」という印象にしかならないんですね。


日本の状況が分かっている人は万一の事態に備えて自分で自分を救うための備えをしているんですよ。更に手厚い保護をしろという人々がしているのは、準備を怠ってない国民に向かって「その蓄えを貧しい人の為に吐き出せ」と言っている事と同じです。それで人が話を聞く耳を持つと思っているならおめでたいと言わざるを得ないでしょう。
介護団体の皆さんに提案したい。少なくとも米国のチャリタブル・チョイスを見習って自分たちで金を集めて福祉活動をしてください。
そして政府に保護を求めるときは現在の日本の状況を理解したうえで、日本と日本人を貶すことなく、どこから予算を作るべきか提案しお願いすべきでしょう。
喧嘩を売ってくる間は聞く耳なんて持てませんよ。
よほど特殊な性癖でも持ってないと、殴りながら金を無心する乞食に気持ちよく金を恵む人はいません。