読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

アジアにおける米中の勢力争いにおける台湾の決定的重要さ

www3.nhk.or.jp

jp.reuters.com

中国が、一つの中国政策を破ろうとするならば、報復も辞さないと強硬な反応をしています。韓国については綱引きが出来る程度の余裕があるにもかかわらず、台湾に関しては、その戦略上の重要度から余裕がなくなる。万一にも台湾が国家として承認されたら、中国は封じ込められてしまいます。それを利用した米国のゆさぶりでしょう。なぜ、即時の報復を表明するほどに効果があるのでしょうか?以下は、ソースがつかない個人的な意見です。

台湾の重要度

darapic.net

この地図が全てと言ってもいいでしょう。仮に台湾が国家承認された場合には、日本の領海と台湾の了解を接続すると、その先はフィリピンの領海であり、中国には日本の批判や探索の邪魔を受けずに安全に潜水艦や艦船を太平洋に送り出す航路が消えます。逆に日米にとっては燃料の輸送経路上にある天然の空母といった重要性があります。

台湾が国家承認されたら

中国にとってはこれだけは絶対に阻止しなくてはなりません。もしも承認されたら、日米は即刻、攻守同盟を結びます。そして米軍基地が建設され、戦術リンクされたイージス艦が配備されます。もうこうなると、領海に蓋をされた中国には、なす術もなく、尖閣諸島奪取を狙うなんて行動は夢と消えます。それどころか、本土とは至近台湾に設置された基地から、いつでも米軍が攻撃可能となり、米がそそのかすことで南部の軍閥のクーデターすら、予測対応を迫られる事になる。

台湾が中国に統一されたら

逆のケースは日米にとっての悪夢になります。まず燃料原油の安全な航路が消えてなくなり、尖閣が指呼の間になることで領土危機が現実のものとなってしまいます。沖縄の戦略的な重要さは更に増し、艦隊の駐留基地として常時緊張した場所になる事でしょう。

米中の駆け引き

こうした台湾の重要度を十二分に分かったうえで、THAADで揺さぶりをかけてきている中国への明確なメッセージがあると見た方がいいでしょう。日米韓の同盟に楔を打ち込むというなら、ただちに台湾の国家承認プロセスに入ると。と言う様な事を考えてみると、先日の日本からの韓国右派への支援といってもいい強行的対応と合わせて、韓国は日米からは「まだ完全には」切られてないという事です。今後は、韓国の蝙蝠外交への対処から南沙諸島への対応まで、列島線を挟んで至る所で米中の駆け引きは苛烈になるのではないかと思います。その中の一つが尖閣諸島であることは間違いがなく、新安保法案の成立で日米同盟が強化された事に油断する事なく日本政府には対応して欲しいですね。