読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

日本の強硬的対応は韓国の利益になる

www.asahi.com

 日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い。一昨年の日韓合意では、ソウルの日本大使館前にある少女像の扱いについて、韓国政府が「適切に解決されるよう努力する」ことが盛り込まれた。
 日本政府は、少女像が在外公館の安寧や威厳の維持を定めたウィーン条約に抵触するとして撤去を求めてきた。努力目標とはいえ、韓国側は合意の文言を尊重しなくてはならない。

さすがに、某ブロガーのように論点の核を無視して日本政府叩きに走るほどバカではありませんでしたか。
この件の核は既に指摘され続けているように、韓国内に存在する数十体の慰安婦像のうちで、日本政府が問題としていたのは大使館前の1体であったし、それが撤去されない内に新たに領事館前に設置されたという事でしょう。ウィーン条約に抵触する上に、外交的に非礼であり、日韓合意順守の意思がない事をここまで露骨に示されて穏当な対応を取れば、韓国がつけあがる事は、これまでの経緯からも明らかでしょう。中国の韓国に対する扱い方を日本も学ぶべきで、しかるべき対応をした日本政府の判断に賛辞を贈りたいものです。

ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである。
日韓政府間ではこれまでも、歴史認識問題のために関係全体が滞る事態に陥った。

まぁしかし火付け強盗が、随分と猛々しいww 慰安婦問題における朝日新聞の果たした役割は永劫に忘れられませんから。



さて、本題。
www.j-cast.com
つい最近、こんな話がありました。寺側の好意を悪用した人が出ていた所に、老人が負傷するという事件が起こって全面禁止になってしまいました。非常識な行動をしていた人は、「寺が許可しているのだから問題ない。ダメとは言われていない。ベビーカー差別だ。」と、屁理屈を振りかざしていたのでしょう。明文化されていない以上は問題がない、この主張自体は非常識ではあっても正しい。だから手を出せずにいた、しかしながら、不信感と不快感は確実に蓄積されてい居た訳ですよね。そして、そこにベビーカーに躓いた老人の怪我によって大義名分を得て全禁止へと至った訳です。


blogos.com

この件と「慰安婦像の設置は民間団体のやることで政府は禁止できない。撤去は努力目標であって、明文化はされていない。新設は禁止されてない。」と主張していた韓国政府の主張はよく似ていると思いませんか?
その主張自体は、非常識でもあり誠実でないけれど、正しいものです。だからこそ、日本政府は韓国政府の努力を評価する形で自分たちは合意を順守し、スワップ再開に向けた交渉も進めてきていたのでしょう。しかし、日本人と日本政府の韓国政府に対する不信感は高まり続けても居た。そこに来て行政が認可した領事館前への像の設置です。


見事なクズの相関ですね。人は誠実でなければ駄目ですね。


www.chosunonline.com

最後に、日本政府が強硬手段に出る事で、救われるのはむしろ韓国であること指摘しておきましょう。

ソウル市鍾路区の在韓日本大使館前と釜山日本総領事館前に設置された少女像は、どちらも市民団体が法的手続きを経ずに設置したものだ。だが、国民感情を考慮すると撤去もできない。

こんな風になってしまってる韓国人を動かせるのは、恫喝だけです。
韓国は空前の政治の空白が生まれています。韓国政府としてもなんとかしたいとは思っていても、この状況で慰安婦像の撤去を進めると政治生命が終わるほどに朴政権の成果に対する反発が高まっている。この状況で日本政府が強硬手段に出る事で、経済に危機が生じると焦りが出れば、慰安婦像を設置した連中の思惑通りに韓国がウィーン条約抵触し合意破棄に至る事で国際的に孤立し日米韓の関係が修復不能になる道に至らないで済む可能性が高まるでしょう。今、中国に散々恫喝されて狼狽しまくって不合理に外交方針が変わりつつある韓国ですが、日本と米国の双方からも強烈に威圧を受ける事で、合理的な判断でバランスを取る余地が生まれる。。。双方から殴られないと殴ってくる方に付き従おうとするんだから、こうでもしてやらんとダメなんですよ。 上記の様な冷静な記事が出るようになったのも、日本が断固とした対応を取ったからでしかない。溜息出る程に未開です。