読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

野党を批判できない者の政権批判には価値がない

www.yomu-kokkai.com

しかし、本件は、行政府にかけられている口利きの疑惑である。野党は一切関係がない。だから、野党の支持率が上がるはずがない。当たり前の話だ。
国民の共有財産である国有地が、要人の知人に対して格安で払い下げられた、という問題は、本来、政党間の争いに使われる話ではない。立法府の全議員が追及してしかるべき問題である。

どうだろう?これを読んで違和感を覚えないだろうか?正しいと思うだろうか?
情報というのは常に、著者の視点、その反対の視点、双方を備えたうえで見るべきでしょう。野党を支持するという視点から見れば、この意見は正しく見える。では、野党の支持が上がらないのは、本当に著者が言うように「野党は一切関係がない」からでしょうか?


それが違うという事は、皆さんはご存じの事でしょう。野党の支持が上がらない理由、そして、著者の記事にバイアスしかないのは同一根で、シンプルに言うと、野党の批判の仕方は結党以来、常に完全に誤り続けているからこそ、これまでも支持を受けず証人喚問後の政党支持率調査で民進党の支持率が大きく下がる事になったという経緯は、揺るぎがない事実でしょう。


誰かの過ちを指摘する場合、誤った批判の仕方では批判が届くことはないんです。昨日も同じことを書いたけれど、本当に森友問題を正しく解決したかったのなら、ベストは安倍首相の首を獲る事に固執し始めた段階で、ベターなら首相夫人を攻撃対象にした時点で、同じことを言っておくべきだったという事でしょう。

引用部分以下の著述は、為にする批判でしかないので無価値です。正しく見える一面からだけ著述した意見が、一見、正しく見えてしまうのは当たり前ですからね。


正しいやり方で問題を解決すべきだという言葉は、誤った批判者を正して初めて価値を持つ。この様な欺瞞は、通じる人以外には通じない。これは覚えておいた方がいいですよ。

昨日の記事についたコメントから、例をあげると。
toulezure.hatenablog.jp

id:coper推定無罪」が民間人の証人喚問を控える理由になるというデタラメ。いつから証人喚問は逮捕や起訴みたいな位置付けになったのか。それにこの理屈だと籠池も呼べないことになる。

随分恐ろしい事を言いますよね。妥当な理由がなくても、国会は民間人を証人喚問してもいいというなら、それこそ権力者が何度でも罪のない民間人をいたぶれる事になる。そこに一定のブレーキをかけるのは当たり前の事でしょう。

それはともかく、籠池氏の証人喚問は「これで森友問題が終る」と確信できた意味で、私は正着手だったと思いますし評価しますけど、妥当性は際どかったとも思っています。確定している疑獄の重要参考人として偽証を封じて意見を聴く場合とは一線を隔している訳ですからね。でも、それを安倍首相夫人の証人喚問を叫び続けてきた人が言えばどうでしょうか?そんなものを聴く人はいない。そういう事です。


国民の大半が納得していない森友問題ですが、一方で、国会のやりとりは下らないと考え野党の追及手段が間違っていたと考えて居る人が多数いる事は、とても残念な結果ですね。追及の途中で、「求めているのはそういう事ではない」とマスコミや支持者から意見が上がっていれば、結果も違っていたでしょうけど、今となれば地検特捜部に委ねるしかない結果に終わってしまった事は、決して自民党のせいだけではないでしょう。