読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事随筆

TwitterやFaceBookでは書けないニュースの感想を垂れ流します

支持者が変わらないなら民進党も変わらないよ

business.nikkeibp.co.jp

予想通りに民進党が分解し始めました。長島議員の離党によって保守派議員の我慢が限界を超え始めたという事でしょう。
これは企業なんかでも良くあることで、チーム内で認められていた社員が辞職すると、周辺社員が立て続けに辞職したりする現象が起き始めていると思います。

長島、細野、馬淵の三氏は戦争法案祭りの際に、共同で執行部への疑義を呈した同士ですから、当然、現状への不満は共有しているでしょう。次に反応するのは馬淵さんかも。


それにしても民進党は終わってる、事ここに至っても認識が酷い。
www.sankei.com

多くの仲間が一枚岩で、しっかりまとまって、今の間違った『一強』の政治に対して、抗っていこうという考え方は同じだと思っているので、しっかりまとめていきたいと思っている

この一言には呆れるしかないんですよね。何故かというと、間違っている、という言葉のチョイスが自然にできてしまう事が、ダメダメなんですよ。
安倍政権の支持率は5割を超え、自民党の支持は4割に迫る勢いをずっと維持しています。しかしながら、個別の案件では必ずしも安倍政権の政策を支持している訳でもなく反対も多いんですね。しかし、国民としては野党が不甲斐なさ過ぎて他に選択肢がない状態です。言ってしまえば、不健全な状態での1強になっている訳です。

なので、頭がまともなら『今の不均衡な一強政治に対して、代わり得る政党であろうとする考え方は同じだと思っている。現状は、ご期待に添えていないかもしれないが、そこに向けてしっかりと纏めていきたい』位になるはず。


現状認識が、そうしたものであれば、森友騒動の様な珍事は国会でやらないだろうし、審議拒否などしないでしょう。しかし、そうなっている理由は、民進党支持者が熱烈に森友国会を歓迎し、反自民に喝采を叫んでいるからですよ。はてブなんかは特に酷いでしょ。
支持者のレベルが低いので民進党のレベルは低いままです。まず変わるべきは、民進党支持者ではないの?証拠もないのに首相夫人を証人喚問しろと騒ぎ続けるような姿勢では、君らの望むような政治は実現されません。民進党議員の低能を嘆く前に、まずは自らの頭から使ってみては?